2014年8月

キャッシングのブラック情報を避けるには金融機関に相談を

キャッシングのブラック情報を避けるには金融機関に相談を

(公開: 2014年8月 6日 (水))

キャッシングでブラックリストに載ってしまった時、つまり、返済を延滞し続けたり、クレジットカードを強制解約されたりして個人情報に事故として記載されてしまった場合、どのようにしたらいいのでしょう。 通常延滞や強制解約の場合は、5年で情報が消えますので、それを待って新規に申込をするのがいいでしょう。 また、債務整理を行った場合も同様です。 ただし債務整理でも、自己破産の場合は、情報が消えるまでに7年間を見ておく必要があります。 事故情報を記載されないためには、まず自分の収入にふさわしい額をキャッシングで借り入れて、返済に無理が出ないようにすることが大事です。 また、どうしても返済が難しい場合は、借入先の金融機関に相談するのがいいでしょう。 返済計画の見直しをしてもらえることがあります。 また、これとは別に、申込ブラックというのもあります。 これは特に事故情報がないにもかかわらず、1度に多数のキャッシングやローンを申し込んだために、審査に落ちてしまうことです。 このような事態にならないよう、申込はせめて1度に3件程度にとどめるようにしましょう。

こちら(⇒キャッシング金利計算CK223※自分でできる!簡単計算方法)のサイトでさらに詳しくみる。