itunesギフトカード1,500円分を使って初めての楽曲購入

itunesギフトを買取する方法

itunesギフトカードは配信楽曲を買うには必須と言っても良いでしょう。

 

私自身も別サービスで購入したりしてたのですが、やはり取り扱い曲数の多さや使用感ではitunesギフトカードに敵うものはありません。

 

使用感というのはソフトのiTunesの使いやすさも含めてなのですが、Apple系のサービスは基本的に使いやすいです。

 

アメリカの会社ですが、日本人でも誰でも使いやすいデザインなのだと思います。

 

最初にitunesギフトカードを使ったのは、ある好きなアーティストが配信限定シングルを出した時でした。

 

今までCDは買っていましたが、これは初めての事で戸惑いましたがコンビニですぐにitunesギフトカードは買えました。

 

1,500円のitunesギフトカードは一番安いですが、1曲買いたいだけなのにちょっと高いかなあとも思いました。

 

しかし持っておけばまたいつでも他の曲が買えると思い、レジに持って行ったのです。

 

普通にバーコードをピッとやって、レシートを渡されたのでおにぎりを買うようなシンプルさでちょっとビックリしました。

 

後で調べて分かったのですが、あの瞬間に店員さんはレジでitunesギフトカードを有効化してたみたいですね。

 

ともあれこれで楽曲が買えるのですが、まずブラウザで行こうとしたら失敗しました。

 

どうやらitunesストアはitunesソフトでやらないといけないようで、Windowsユーザーの私は最初ちょっと勝手が分からず困りました。

 

itunesをダウンロードして開くと、楽曲がリスト表示されていくつかの洋楽が見つかりました。

 

これはデフォルトで入っている曲でしたが、洋楽は分からないので特に聴きませんでした。

 

itunesストアのページに行き、コードの追加を求められました。

 

ここでitunesギフトカードを取り出し、ここに書いてあるコードを間違いなく入力しました。

 

お金が関係しているので最初はかなり神経質に確認しながら入力しましたが、仕組みはシンプルですし特に難しい事はありません。

 

完了したのですがここで金額が表示されるはずなのに何も反映されませんでした。

 

おかしいなと思いつつ試しに一度ログアウトしitunesを閉じ、もう1回入るとちゃんと1,500円と出て来ました。

 

どうやらitunesギフトカードのコード利用には、ちょっとだけタイムラグがあったようです。

 

無事にお目当ての曲を購入し、結果的にitunesギフトカードは便利だと感じました。

 

今でもitunesギフトカード利用を続けており、ちょっと良い曲を見つけたらitunesストアですぐ購入という感じでかなり楽しいです。